福岡市天神での内科・外科・プラセンタ・点滴・栄養療法・ストレスケア・美肌治療・漢方はお任せください。

2018.6.1 開院1周年

内科/漢方

問診、診察、血液検査などから体調不良の原因をみつけるお手伝いをいたします

内科 internal medicine 保険診療

症状がいろいろあって病院で検査受けたが、異常なしと診断されても症状が改善されずお困りの患者さんが増えています。クリニックでは、問診、診察、血液検査だけではなく、食事内容やストレスの有無も考慮し体調不良の原因をみつけるお手伝いを致します。症状や病気は薬だけで解決できるわけではありませんので、食事内容や生活習慣、ストレスの有無もチェックする必要があります。

女性では鉄欠乏による不定愁訴を訴えるケースが増えています。
冷え性、慢性の頭痛、生理痛がひどい、疲れやすい、元気が出ない、集中力がない。氷がやめられない、爪がもろくなってきた。抜け毛が多い… 鉄欠乏が原因のことがあります。

かぜ、嘔吐下痢、インフルエンザ、熱中症、胃痛など急性の病気をはじめ、
高血圧、高脂血症、胃腸疾患、不眠など慢性疾患の治療も行っています。
食事指導を行い、なるべく薬に依存しないような指導を心がけています。

何となく体調が悪い、何科を受診したらいいかわからない、まず相談したい、病気にならないように普段から気をつけたい方、まず当院にお気軽にご相談ください。

漢方薬 herbal medicine 保険診療

当院では保険診療で漢方薬の処方を積極的に行っています。漢方薬は飲んでもすぐ効かないのではないか?というご質問をよく受けますが、急性の症状でもその方の体質に合えば、即効性が十分期待できます。また、副作用が比較的少なく効能がひろいため、さまざまな方に好まれています。漢方薬は以下の慢性の症状にも試す価値があります。

漢方薬は以下の慢性の症状にも効果があると
言われています。

  • 偏頭痛、慢性の肩こり、生理痛
  • 冷え性
  • いつも胃の調子が悪い、慢性の下痢、便秘
  • つかれやすい
  • 足がつりやすい
  • 熱中症
【写真】漢方
【写真】診療の様子

検査について

inspection

当院で可能な検査:遅延型アレルギー検査、血液検査、尿検査、レントゲン検査、心電図
※内視鏡検査やエコー検査は行っておりませんので、必要な場合は近隣の病院をご紹介致します。

遅延型アレルギー検査について foodallergy 自由診療

下記のような症状の方にお勧めの検査です。

  • 蕁麻疹が時々出て原因がわからない
  • 慢性に下痢をしている。おなかが張ることが多い。
  • 慢性的に体がだるいが原因がわからない
  • 鼻炎をくり返し、なかなか治らない。

このような原因不明の症状が長く続く場合、遅延型フードアレルギーが原因かもしれません。
代表的なアレルギーは以下の2つがあります。

1 即時型アレルギー(1型 IgEが原因)

摂取して直後~1時間で蕁麻疹、むくみ、かゆみ、発赤、呼吸困難、下痢などのなどの症状が出ます。自分でアレルギーと気づく症状です。
花粉や金属、食べ物では卵、そば、小麦粉などが原因です。
通常、どこの病院でも保険診療で検査を受けることが可能です。

2 遅延型アレルギー(3型 IgGが原因)

摂取後、6時間~24時間後に症状が出ます。
偏頭痛、めまい、下痢、疲労感、にきび、肌荒れ、アトピーなどの症状を認めます。即時型と異なり、すぐに症状が出ない、つまり気づかない間にフードアレルギーが起こります。

またこの検査は保険診療で受けることができず、自由診療となります。

【写真】検査室

遅延型アレルギーによる症状symptom

  • 消化器症状

過敏性腸症候群 ガスがたまる 便秘 下痢 吐き気 クローン病

  • 神経症状

不安神経症 情緒不安定 憂うつ 集中力低下 不眠

  • 呼吸器症状

喘息 鼻水、鼻づまり 慢性副鼻腔炎 慢性の咳 咽頭炎

  • 循環器系症状

不整脈 胸痛 高血圧 頻脈

  • 皮膚症状

アトピー性皮膚炎 湿疹 にきび ふけ 多汗 目の下のクマ

  • 筋骨格系症状

関節炎 関節痛 筋肉痛 だるさ

  • 泌尿器、生殖系症状

頻尿 尿意切迫 夜尿症 膣のかゆみ おりもの 月経前症候群、生理痛

  • その他

慢性疲労 片頭痛 むくみ 口内炎 ドライアイ 感染を繰り返す やせにくい

遅延型アレルギー検査の方法、費用method price

検査方法:血液を1ml採取するだけです。
米国に郵送し検査を行いますので、結果が出るまで約3週間かかります。
費用:32500円(税込み)
検査費用、検査にかかる手数料、検査結果の説明の費用を含みます。
費用は高額ですが、原因不明の症状が続き、お困りであれば受けてみる価値は十分あると思われます。

自由診療料金表はこちらからご覧ください

こんな症状の方が当院を
受診されています

case
1 29歳女性

片頭痛でたびたび市販の痛み止めを服用していた、冷え性や肩こりもひどい。ある日脳神経外科を受診しCT検査を受けたが脳に異常はないと言われた。そのせいか疲れも取れにくくなり朝起きるのが辛くなってきたため当院を受診。

血液検査で鉄不足であることが判明し鉄剤と冷えに対する漢方薬でこれらの症状は改善した。鉄欠乏による症状は、頭痛、肩こり、生理痛、やる気が出来ない。朝起きにくい。便秘、氷が好きなどの症状です。しばしば見逃され対症療法しかされていないが現状です。

2 37歳独身男性

健診でコレステロール、血圧が高め、肥満と診断されている。運動不足、外食が多い食生活も気を付けたいが、忙しいのを理由に先延ばしにしていた。血液検査を行い医学的に再評価した。患者さんが取り組みやすく効果のある食事療法、運動に関して細かく指示をして1か月ごとに通院してもらった。3か月で3kg減量した。朝の目覚めもよくなり、体が軽くなった。

3 81歳女性

慢性の腰痛で痛み止めを服用しているがすっきりしない。他にも薬をたくさん服用しており、副作用も心配のため受診。体の体質に合わせて腰痛に効果のある漢方薬を処方し鎮痛剤服用の頻度が減った。おまけに体の冷えも楽になった。

YSくまざわクリニックは内科・外科などの保険診療をはじめ、効果的な自由診療を取り揃え皆さんの健康をサポートします。

診療時間のご案内

practice time
時間/
曜日
10:00〜
13:30
15:00〜
19:00
〜17:00
休診日

火曜午後、水曜日、祭祝日、イムズ休館日(不定期火曜日)

休診日

水曜午後、土曜午後、日曜、祭祝日、
イムズ休館日(不定期火曜日)

急な体調不良(風邪、腸炎、花粉症、頭痛)や、怪我、やけど、生活習慣病、原因不明の症状でお困りの方にお気軽に相談して頂けるようなクリニックを目指しています。

熊澤院長が答える Q&A

ページ上部へ